施設情報をリサーチする

納骨堂施設を選ぶ時はじっくりと調べてから決めていきましょう。それぞれの納骨堂情報をインターネットなどでリサーチしておき、故人が安らげて家族が利用しやすい快適な納骨堂施設を選んでおきましょう。

この記事の続きを読む

末永くお墓を守ってくれる

一般的に納骨堂を利用する大きなメリットの一つとして、お墓の維持管理と永代供養制度というのがあります。仕事と生活に忙しい都会人にとって、これらの制度は家族の負担を軽減してくれるありがたい要素なのです。

この記事の続きを読む

お参りもやりやすい方式

事務的で味気ないという意見もありますが、現代人のライフスタイルに合わせて合理的なシステム化をしているのも近代的な納骨堂方式です。家族にとって快適でシンプルな方法を選んで下さい。

この記事の続きを読む

家族負担の少ない埋葬方法

納骨堂をお探しならこちら。興味がある方は365日いつでも見学可能なので一度お問い合わせてみましょう。

費用が従来の墓石埋葬方式よりも比較的低く済み、なおかつ交通アクセスの利便性などから都会を中心に納骨堂利用が増えてきています。納骨堂とは民間業者が運営している集団埋葬施設の事を指します。土地の狭い大都会では、費用もスペースも必要になる一般的な墓石埋葬方式は利用しづらい現実がある事からも、都会に住んでいる多くの一般家庭では納骨堂による埋葬方式が主流となってきているのです。従来型の墓石埋葬にかかる費用を平均すると、土地代や墓石代などを含めておおよそ150万円あたりからが相場になります。屋外で雨風に耐えうるだけの良質な墓石を使うわけですし、決して小さくはない土地の権利を購入するわけですから、これくらいの金額がかかるのが妥当だと言えるでしょう。しかし、数十年前と比べ経済状況や平均所得水準の変化している現代一般家庭にとって、値段相応とは言えおいそれと100万円以上の金額を簡単に使うというのはハードルが高い話です。故人の尊厳や扱いというのは大切な事ですが、経済的余裕の少ない遺族が無茶な負担を背負う必要はありません。現代の納骨堂であれば、埋葬にかかる費用が5万円から150万円と幅広いプラン内容となっているので、家族の経済状況に見合った埋葬方法を選択する事ができるのです。世の中の価値観はどんどん変化してきています。故人の弔いが大切であるように、生きている家族の生活も大事です。あまりこだわりにとらわれず、柔軟で選択肢の広い納骨堂利用を検討してみて下さい。